ポイントカードは有用か




ポイントカードはもらわない

ありとあらゆるお店で発行される”ポイントカード”。

特に、買い物が好きな女性はたくさん持っている方も多いと思います。

男である私はもともとポイントカードを作ることはほとんど無かったのですが不動産投資を始めてからは、その傾向に一層拍車がかかりました。

お店のレジでポイントカードを作られようとすると、即座に「要りません」と断ります。

スポンサーリンク

クーポン券も同類ですが、

・「今日はポイントカードの5倍デーだから」とか「10倍デーだから」という理由でトイレットペーパーやティッシュペーパーなどの日用品の在庫をしこたま買い込む。

・「あっ! このクーポン券、有効期限が今日までだわ。使わなきゃ、もったいない」とむりやり外食する。

こういうことを誰しも経験しているのではないでしょうか。

投資家目線で見ると、すべて「本末転倒」と言わざるを得ません。

小売店や飲食店の「広告戦略」に見事にハマってしまっています。

もっと身近な例では、スーパーマーケットのカート(手押し車)があります。

カートにカゴを載せて店内を回っていると、ついつい余計なモノまで手に取ってそのままカゴに入れてしまいます。これが店側の「戦略」です。

「カート」と「カゴ」を初期投資するだけで、あとはそれらのモノが売り上げアップに貢献し続けてくれるのです。

では家計支出を抑えて投資の為の軍資金を作るにはどうすれば良いのでしょうか?

・「カート」と「カゴ」は使わず、目当てのモノだけを手に取ってレジに向かう。

・手で持てない数の買い物の場合でも「カゴ」だけを手にして必要なモノだけを入れてレジに向かう。

「カート」を使うと運搬が楽なので、ついつい買い物時間が長引きがちになります。

そして本当に必要なモノ以外のモノを買ってしまいます。

「カート」を使わなければ、モノの重さが手や腕に直接のしかかるので、不要なモノを追加することを防止できます。

同様に”ポイントカード”。これは「作らない」に限ります。

スポンサーリンク

“クーポン券”は「もらわない」「捨てる」

“浪費行動を促進する”これらのアイテムから離れるようにしましょう。

「投資」とは、収益を生むことにお金を使う、収益を生む仕組みを作ることにお金を投じる行動のことです。

書籍やネットでよく言われていることですが、真の資産家、投資家、お金持ちは収益を生まないモノ、コトには1円もお金を使いません。

そして、そのことが習慣化されています。

スポンサーリンク

お金の使い方の三形態

浪費:お金をドブに捨てる行為(ギャンブル全般、ゲーム、宝くじ、等々)

消費:生活に必要な支出(服、食品、日用品、住居費、教育費など)

投資:将来にわたって収益を生み続けてくれる仕組みを作る為にお金を使う行為

「消費」を抑えつつ、「投資」を実行することを目指しましょう。

「浪費」は決して、やらないことです。

「ポイントカード」や「クーポン券」を持たなくなると下記の利点もあります。

・財布の中がスッキリする。

・レジでポイントカード等を探して後ろのお客様に迷惑をかけることが無い

・有効期限や「今日は何倍デーだっけ?」と余計な気を遣わずに済む。

スポンサーリンク

まとめ

“本当に有意義なモノ、コト”にのみ

「時間」と「お金」を使っていきましょう!

スポンサーリンク
















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください