すごい物件を見つけてしまった!その四

度重なる偶然

金利は若干、高いものの(最近のこの金融機関のプロパー融資金利は、基本2.5~2.6%のところを2.0%で融資してくれるのだから感謝すべし!)融資も受けれそうだし、買い付けも一番手。この時点で「Aマンション購入プロジェクト」は五合目まで来たようなものですが、油断は禁物。△△信用組合しか、あてに出来る金融機関はありませんし、金額が金額なだけに本部審査のあとに「役員会議」に掛けられるそうです。そこで承認をもらえないと融資も無し。

しかし、ここでも運が味方してくれました。私がお付き合いしている△△信用組合の岡山支店で3年ほど前に人事異動があり、現在の支店長は「将来の理事長候補」との呼び声高いやり手で、おまけに私の担当者が”その支店長の右腕”的存在なのです。つまり、支店長がOKを出せば本部審査、役員会議もスムーズにパスする可能性が高いのです!

俄然やる気が出てきて、いつも融資申し込みの際に提出する作文(なぜ、この物件を買いたいのか?などの理由や経緯をA4用紙2~3枚にワープロしたもの。融資申込者の作文があれば稟議が説得力を増すらしい)もいつもより力を入れて書きました。

スポンサーリンク

売買契約の前に内見

仲介業者と電話で打ち合わせて、売買契約を交わすのは2/11(金)に決めました。私は気にしないのですが、売主様は”大安”が良いそうです。場所は倉敷市の仲介業者の事務所にて売主夫妻同席の元、実施することに。そして、その前に入居予定があるものの現状一つある空室と共用部を内見させてもらえないか聞いたところ、OKとのことです。

空室は最上階である10階の1LDK。ワクワクします。さらに、いつものように、可能であれば屋上もぜひ見させていただきたい旨を伝えました。築年数に関係なく、屋上の状態も確認するのも大事だと考えています。ちなみに、屋上見学を申し出て断られたことは、私は今までありません。

この時期は、プライベートでは次女の大学受験、大家業では既存所有物件空室の原状回復工事があり割と忙しかったのですが、私にとっての”世紀の大プロジェクト”が進行中なので気が張っていて、とても充実した気分で毎日を過ごしていました。

2/2(水)の内見が近付いてきて、ふと思い立ち△△信用組合の担当者に電話しました。二日前の月曜日だったと思います。

「お世話になります、ナカシマです。あさってAマンションの内見をさせてもらうことになっているのですが、よかったら一緒にどうですか?」

「いいですねえ。同席させていただきます!」

「支店長もよかったらどうぞ!」

小ぶりのアパート、マンションなら金融機関が物件の内見まですることはないと思います。今回の案件は金額が大きいのでもしかしたら誘ったほうがいいのかな?と思ったのですが、その通りだったようです。売買仲介業者にも金融機関の方も同席する旨を電話連絡しました。

ますます欲しい気持ちが固まった内見会

2/2、内見会当日。物件近くの和菓子屋さんで仲介業者と売主様、そして△△信用組合に渡す手土産を三つ買いました。私は御中元、御歳暮、年賀状、暑中見舞いは徹底してやらないのですが、このような”ここ一番!”という場面では心付けをします。費用は会社の「交際接待費」で。

社用車のプロボックスで現地に着くと、みなさん既にエントランス前に到着していました。

仲介業者とは初対面なので名刺交換しました。電話口で想像したとおりの温和な感じの老紳士風。△△信用組合の支店長も来られていて四人で和気あいあいと共用部から内見会、スタートです。

まずは屋上へ!

上から順番に見ていくことにしました。私はあらかじめ準備していた脚立を車から取り出し、ヘルメットをかぶり他の三人と共にエレベーターへ。10階まで上がってから、エレベーターシャフトの横にある屋上へのハッチ下に脚立をセットして上ります。仲介業者からハッチのカギを借りて開けると、地上30mの空間が広がっています。

△△信用組合の担当者も上がってきて二人で気持ちいいねえとか言いながら屋上をくまなくチェック。許可を得ていたので、例によって写真も撮りまくります。

↑手前はテレビアンテナ、奥は避雷針

↑消火用の水タンク(これで消火するのではなく、消火栓から送水する前の呼び水の役目とのこと)

仲介業者と△△信用組合の支店長はハッチの下で歓談していたようです。

ひとしきり屋上を視察してハッチから下りると、仲介業者と支店長は先に10階の空室へ移動していました。

最上階の3戸のみ1LDK!

最上階の1LDKもとても素敵!ドラマに出てきそう、モダンでシック!!

↑アイランドタイプのシステムキッチン

↑ハンドシャワーだけでなく、オーバーヘッドシャワーとボディーシャワーを備えた浴室。もちろん、浴室暖房乾燥機も完備。

↑床暖房コントローラ(最上階の1LDK×3戸のみに装備)。この床暖房システムは、不具合が発生したらプロパンガス会社が無償修理対応してくれます。ちなみに、その他のガス会社無償対応設備はエアコン2.8.kW、電気式浴室暖房乾燥機、温水洗浄暖房便座、台所シングルレバー混合栓、浴室サーモカラン。これらが55世帯分ですから経営上、かなり助かります!!

現行家賃は共益費込みで89,000円ですが、S社によると93,000円に設定できるそうです。この空室はすでに89,000円で入居が確定しているので、次の入退去のタイミングでは4,000円上げて募集出来そうです。

決意新たに!

私は木造や鉄骨造の二階建てアパートしか持ったことが無く、物件視察でいくつか賃貸マンションを視察したことがありますが築10年という築浅物件は初めてです。見るものすべてに感動して「この物件を取得できたら人生変わるだろうなあ」と思いながら仲介業者に案内してもらっていました。各階廊下を階段で降りながらチェック。どの階の廊下もキレイです。私物の放置も皆無。入居者属性の良さの証明です。一階まで降りて、勝手口のオートロック、ダイヤルロック式メールボックスの説明を受けて外周りへ。四カ所の自転車置き場、ゴミステーション、グリストラップ、プロパンガスのバルクタンク、給水用ブースターポンプ。

スマートな設備たちが理路整然と設置されていて、白と黒のタイル張り外観と相まってどっしりとしていながら、どこかインテリジェンスを感じさせる佇まいと雰囲気を醸し出しています。

「内装も、外観も、何もかもが完璧じゃないか・・・」

内見が終わった時点で、「この物件を取得するために全力を尽くす!!」と決意を新たにしている自分がいました。

つづく

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください