家族旅行はしない

つらい選択

旅行大好き人間ばかりの我が家で、この「節約術」は正直キツイです。

スポンサーリンク

しかし未来で良い思いをしたいなら今は我慢するべし!と自分自身および家族に言い聞かせております。後ろ髪を引かれる思いで。

子供たちが小さい頃は行っていた

結構、派手めでしたね。将来のことを何も考えずに(笑)。

国内ですけど、年に2~3回くらい1泊とか2泊とかで。

あちこち行くのは我々夫婦も日頃のストレス解消になりましたし、子供たちの教育上も良いことだったと今でも思っています。後悔は一切していません。

鳥取、島根、香川、広島など近場が多かったですが、義父母を誘って九州(福岡、大分)にも行ったりしました。

基本的には子供重視のプランとなり、夏はプールや海水浴、冬は雪遊びです。

朝食や夕食はバイキング形式が多く好きなものをおなかいっぱい食べることができました。

いかんせん、高い!

富士山のことではありませんよ!

旅行代金です。

ダブルインカムだから行けていましたが、いくら子供が小学生だからと言っても2泊3日なら20~25万円コースです。

子供たちも大きくなるにつれて「東京ディズニーランドに行きたい!!」を連呼していましたが、結局行っていません。

泊まるホテルや交通機関にもよるでしょうけど、30~40万円ほど掛かるでしょう。海外旅行に行けますよね?!

犬を飼い始め、私が会社員を辞めて不動産投資を始めたのを見て、子供たちも言わなくなりました。(犬を預けるところが無いから泊まりの旅行はムリ。父が勤めに出なくなったので、うちは貧乏になったと思った。)

旅行は楽しいが・・・

旅行はいくつになっても楽しいものですよね。

国内でも海外でも。

でも、しかしですよ、家に帰ってきて「あー、楽しかった!」で何十万円が消えて無くなっているのです。

冷静に考えてみれば単なる「消費」か「浪費」ですね。

いろんな景色や文化を見聞(けんぶん)して帰ってくるのだから「投資」だ、という論調もあるかもしれませんが、これは後付けの言い訳に聞こえてしまいます。

家族の絆がよりいっそう強くなったとか、家族全員が心底楽しめたなら、その旅行は「消費」でしょうし、たいして楽しくもなかったのなら「浪費」です。

関連記事「ギャンブルはやらない」

家族には感情のぶつかり合いも必要

一度だけ旅先で長女の頬を平手打ちしたことがあります。

5才か6才だったと思います。

意味もなく一人だけふてくされていて、せっかくの家族旅行がおもしろくなくなるのが我慢できずに「なにをふてくされとんならあー!」とバシッと。

長女にはなにか理由があったのかもしれないけどこっちも宿の予約、お金の工面、段取りなどそれなりに大変な思いをしていますから。

仕事上でなにかイライラすることもあったのかもしれません。感情のぶつかり合いです。

今、流行(はや)りの”虐待”と紙一重かもしれませんけど、血の通(かよ)った親子ならこんな場面も時には必要だと私は思っています。

メリハリをつけましょう

子供が小学校低学年くらいまでの家族旅行はかなり意義があると感じます。

社会勉強や情操教育になるからです。

ペットを飼う、友達と毎日空き地で遊ぶなどと同じ効果があると思います。

しかし、小学校高学年とか中学生、高校生になるとそれぞれ修学旅行があるわけですから。

今ごろはいいところに行きますよ!

岡山ですと中学で沖縄、高校で東京ディズニーランドなど。

自慢じゃないですけど私なんてどちらも行ったことがありません!

まとめ

近い将来、国内、海外、宇宙、どこにでも行けるように、まずはお金持ちになりましょう!

そのためには投資、中でも比較的かたい不動産賃貸事業で「打ち出の小槌」を自らの手で構築するしかありません!!

がんばりましょう!

終わり

スポンサーリンク














スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください