「結果を出す人が持つ5つの共通点」をセルフ検証してみました。

ネタに困ったときの”セルフ検証”

先月17日の小生のブログ記事で、健美家コラムの火の玉ガールさん記事を引用させていただいて「成功大家、8つの特徴」をセルフ検証してみましたが、今回は一昨日の赤尾宜幸(あかおのぶゆき)氏の健美家コラム記事「結果を出す人が持つ5つの共通点」をセルフ検証してみます。

赤尾氏は、高齢者向けアパートの企画・運営に一家言(いっかげん)持つ福岡県在住の不動産投資家であり、不動産コンサルタントで著書も数冊あります。

ブログも読みやすい記述なのですが、ピリッと歯に衣着せぬ”辛口”記述もあり、好きなコラムニストの御一人です。

私はまだ高齢者向けアパートを運営する計画は持っていませんが、通常のレジデンスが完全に軌道に乗り、余剰資金ができたら挑戦するかもしれません。これからの日本にとって高齢化の波は間違いなく大きくなっていきますからね。需要は増えていく一方だと思います。

そして、今回の赤尾氏のコラム記事は高齢者向けアパートに関して書かれているのですが、私が実践している通常のレジデンス収益物件運営にもそのまま当てはまると感じました。

そこで、今の自分は5つのうち、いくつ当てはまるのか確認してみました。

スポンサーリンク

1.謙虚に話を聞くことができる

要するに、成功者ほど謙虚という話です。メンターやコンサルタント、友人・知人の助言を素直に、謙虚にじっくりと聞くことができるかどうか。

相手が自分より年上か年下か、立場が上か下かなど関係なく。

これは、私はできているほうだと感じます。相手がよほど横柄(おうへい)な態度の場合は別ですが、そうでない限り、基本的に低姿勢です。

その理由として、不動産の世界に飛び込んでから5年しか経っていないので、まだまだ教えて頂くことが多いというのもありますが、一つには私の耳の聴こえが悪いことが挙げられます。

話を聞き取りにくい場合に聞き直すことがしばしば発生する私にとって、話している相手に真剣に向き合わないと、聞き直した時に面倒くさがられて嫌われると困るからです。

2.思いやりがある

相手に感謝し、それをどう伝えるかを考える。

これも、ある程度は出来ていると思います。

物件情報を頂いたり、なにか施してもらったあとの御礼メールは必ず出しますし、入居者付けに尽力頂いた賃貸業者や管理会社に、たまに手土産持参で挨拶に伺ったりします。

また管理会社の担当者には、退去立会いの後などに昼食あるいはお茶を御馳走したりすることもあります。

自分所有の物件が大規模修繕工事の最中(さいちゅう)なら、進捗状況の確認に現場を訪れた際に飲み物を差し入れたりするのも、この項目に該当するでしょう。

3.自分で考えることができる

これも出来ています。

わからないことはメンター、業者、コンサルタントに聞いたりしてもいいですが、”それを鵜呑みにして実行し、うまくいかなかったら彼等のせいにする”ではなくて、参考にはするけれど、最終的には自分の頭で考えて、自分で決断し実行するべきということです。

つまり、よく耳にする「自己責任」がこれに当てはまります。

また、他者の言うことを鵜呑みにする癖がついてしまっている、あるいはそういう性分(しょうぶん)の人は「かぼちゃの馬車」等の悪徳業者の餌食(えじき)になる可能性が大きいですよ、という話です。

4.実行力がある

これは有りますね。私の一番にして唯一の長所ですから(笑)。

性分もあるとは思いますが、実行力が少ない方は、どんな業種の場合でも「起業」は難しいのではないかとさえ思います。

メンターやコンサルタント、知人等からせっかく良い助言をもらっても、「まあ、そのうち」とか「明日からやってみようかな」とワンテンポでも遅れると運(=チャンス)が目の前からするりと遠ざかってしまいます。この5年の経験の中でも、すぐに行動に移して優良物件を仕入れることが出来たことやピンチを脱したことがたくさんあります。

事業を営む上で、とても重要な項目だと感じます。

5.努力を継続できる

これも有ります。

この項目は、”自分がやろうとした事業を発展・継続させる「覚悟」がどのくらいあるのか?”に依(よ)ると思います。

覚悟が弱ければ、辛(つら)い局面にぶち当たった際に挫折してしまう確率が高くなります。

逆に、覚悟が強ければ、なんとかして辛い局面を乗り越えようと、とことん”努力”します。「挫折」や「撤退」という”ネガティブな文字”とは無縁です。

事業経営者になろうとする者は、「不退転の決意」で事業を開始することも大事な素養だと感じます。

まとめ

ということで、今回は5つの項目すべてが、私は当てはまりました。

不動産事業が大好きですし、もう少し規模を拡大したいので、これからもこの5項目を忘れずに精進したいと思います。

すでに事業経営している方も、これから始めようとしている方も、一度セルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事:「成功大家、8つの特徴」をセルフ検証してみました。

     耳鳴り・難聴は不治の病(前編)

     誰の意見を聞くかではなく、誰の意見も参考程度

終わり

スポンサーリンク














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください