刑事や新聞記者のように体を使うといいことあるかも

私のゴールデンウイーク

私は、家族の理解のもとで専業大家をやらせてもらっていますから、ゴールデンウイークも毎年、それなりに頑張っています。

今回も、空室対策に奔走したり、新規仕入れ見込み物件を視察したりと、駆けずり回っています。

そんな中、レギュラーガソリンが、会員価格108円は嬉しいです!

マスクは持参していますが、基本的に人と接触しないので使う場面はありません。

帰宅してから手洗いとうがいは入念にしています。

スポンサーリンク

暑い毎日

岡山県南は、毎年5月になると、途端に暑くなります。

夕食時のビールがうまいので、なおさら日中は仕事を頑張らねばと思えます(笑)。

先月、「一つ目の物件」を”インターネット無料物件”にしました。

PCはLANケーブルを壁コンセントのジャックに差し込んですぐに使えますが、スマホなど無線LANが必要な機器を使うには、”Wi-Fiルーター”が別途必要です。

通常、これは入居者様に用意してもらうのですが、一室空いている部屋を早期に埋めたいので、

税抜き5000円ほどする有名メーカー(Bファロー)のものを御成約プレゼントすることにしました!(アマゾンにて4480円で売られていました)

その旨を加筆したポップ紙をパワーポイントで作って、現地に置きに行き、ついでに共用部廊下と階段を掃き掃除しました。

気になる物件の視察

一度、家を出ると決めた瞬間に、ほかに済ませる用事は無いか思案します。

今日は、仕入れ候補の気になる物件を二件、見てくることにしました。

その一

一つ目は、先日問い合わせた、郊外の重量鉄骨造、2D K×8戸のファミリータイプ。

先日視察した時は、駐車場に車が皆無でしたが、この日は皆さんステイホームなのか、数台、駐車されていました。

うーん、見れば見るほど、欲しくなる!

連休明けに売買仲介業者からメールで送られてくる資料が待ち遠しいです。

その二

二つ目は、市内中心部のペンシルビル。(冒頭画像を参照願います)

”ペンシルビル”とは、狭い土地にヒョロッと細長く上に向かって立っている狭小ビルの俗称です。屋根が三角に尖っているものだけを指すのではなく、陸屋根のものでもこう呼ぶようです。

重量鉄骨造、陸屋根、築25年、1K×18戸+商用テナント×1戸。

岡山市内でも路線価が上がってきているエリアで、今は平米あたり11万5千円です。

数年前に外壁塗装しているようで、まだチョーキング現象は起きていません。

一階が古物商の店舗で、二階から五階までが1Kの住居。

五階まで階段を上がって行きながら、あちこち写真を撮りましたが、悪くないです。

エレベーターが無いのも良いです。メンテナンス費用が掛かってしょうがないですから。

岡山でも人気のエリアですから、入居者付けにも苦労しないでしょう。

風呂・トイレが、三点ユニットなのが難点ですが。

貯水槽も6立米(りゅうべい)タンク。10立米以下なので毎年の点検は不要。

物件視察に行ったときは、タブレットで50~70枚は普通に撮ります。

気がついたら100枚以上撮っていることもあります。

周囲や共用部で写真を撮っていて咎(とが)められたことは一度もありません。

また、仮に咎められたとしても、こちらに非があれば謝れば良いだけです。

家に帰ってビックリ!

物件視察で撮った写真は、帰宅すると忘れないうちにパソコンに保存します。

その際に、物件所在地名でフォルダを作り、画像はもちろん、仲介業者から頂いた資料データや独自のシミュレーション資料を保存するようにしています。

類に漏れず、今日も帰宅してから、ペンシルビルの画像を保存するべくフォルダを作ろうとしたら、同じ地名ですでにフォルダがあるではありませんか!

中身をみると、なんと、今日見たペンシルビルの資料が!

二年前に、とある売買仲介業者がメールで送ってくれた資料を保存していたのです。

その時の売買価格は一億一千五百万円。

今回の売り出し価格は九千五百万円。表面利回り10.4パーセント。

二年で二千万円、下がっています!!

しかし、まだ高いと思います。

外壁塗装して9年経っていますから、あと二、三年すれば大規模修繕工事が必要になりますし、コロナウイルス問題がどのくらい影響するのか見通せないですから。

まとめ

一つ言えることは、「”自分の足”を使って収集した情報は、後で生きることがある」ということです。

逆に言えば、”足を使って情報収集するのが億劫な人は「不動産賃貸業に向いていない」”と言えるのではないでしょうか。

株式、FX、投資信託、国債などは机上で完結するのかもしれませんが、不動産は、買ったり、管理をコントロールしたりを”したい”人間の側が出向いていかなければ、本当に有用な”生きた情報”を得られません。

そういう意味で、「不動産”投資”と呼ぶこと、呼ばれることが嫌い」な「不動産投資家」も居るのです。

関連記事:米テレビドラマ「刑事コロンボ」

終わり

スポンサーリンク














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください