ライラックと桜の香り

現在、桜が満開から徐々に散り始めています。

日本固有の”わさび”、もとい“侘(わ)び、寂(さび)”の世界ですね。

今回は、花の季節にちなんで”香り”をテーマに記事を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

ライラック

まずはうちの庭に咲いた「ライラック」の写真です。

今は妹夫婦宅に同居している母が、うちに住んでいた頃に植えた木が大きくなり、毎年この季節になると花を咲かせて良い香りを近所に振りまきます。

ウィキペディアで調べると香水にも用いられる花だそうですので香りが結構キツイのですが”イヤミな貴婦人”というほどではありません。

高貴な香りですが”ユリ”ほどではなく、主張し過ぎない控えめな感じがどことなく庶民的です。

言うなれば「中流階級の、カワイイ箱入り娘のお嬢さん」という感じです。

デジタル・ガジェットの弱点

ここまで書いてきてパソコンをはじめスマホ、タブレットの弱点を再確認しました。

画像に合う”香り”を、操作者(オペレーター)に対して表現できません!

今の御時世において、いくら仮想現実が発達してきたとはいえ”香り”をリアルタイムで伝えることができていません。

そのうち、これも実現できるのでしょうか?

それとも、ここ数十年で実現できていないということは、かなり難しい技術なのでしょうか?はたまた、そこまで需要が無いのでしょうか?

あるいは香りに敏感なフランスでは、パソコンから良い香りがすでに出ているのでしょうか?

世界中のパソコンが、いまだに画像に応じた香りを出していない理由を御存知の方が読者の中にいらっしゃいましたら、ぜひお問い合わせフォームまたはコメント欄にて御教授下さい。

ヴィダル・サスーン

香りつながりで少し話が逸(そ)れますが、シャンプーやリンスの香りも多様ですよね!

庶民的なところでは花王のメリット、エッセンシャルなど。

市販品の中で私が気になるのはVSマークでおなじみの「ヴィダル・サスーン」ですね!

一時期、私自身も使っていました。あまりにも良い香りなので。

人工的に作った香りの中では、かなり官能的ではないでしょうか。

女性では亜麻色の艶やかな、セミロングやストレートロングの方に似合う香りかなと思います。

田舎(いなか)の香り

香りと言えば母方の田舎、四国の「みかん山」を思い出します。

関連記事「心穏やかに過ごすための書籍2選」

小学生の頃は家族で毎年、夏休みの帰省はもちろんのこと、秋の収穫時期にも手伝いと称して遊びに行っていました。

子供たちが「ロープウェイ」と呼んでいた「策動(さくどう)」がもの珍しかったですし、「モノレール」と呼んでいた、みかん畑の間を縫って施設されていたニッカリ社の「モノラック」に乗るのも楽しみでした。(注:荷台には人は乗ってはいけないことになっていたと思います。)

なんといっても、もぎたてのみかんの美味しいこと!!

あと思い出に残っているのは、誤って手から落としたみかんは、当然ながら山のふもとまで転げ落ちてしまうのでした。

よく怒られましたが、食い扶持(ぶち)ですから怒られて当然ですよね。

そして、夜。必ず寝る前にトイレに行きます。

トイレの窓を開けると、そこはかとなく裏山から若いみかんの香りがしてきて、月明かりとともに何とも言えず心安らぐのです。

そういう「記憶に残る香り」って誰しも持っているのではないでしょうか。

今は後継者もなく、みかん山は「ただの荒れた山」になってしまっています。

大きくなってから後継候補のいとこから聞いて知ったのですが、みかんを作るにも肥料と農薬の費用があまりにもかさんでしまい、割に合わないのだそうです。

桜並木

次に近所の桜並木がキレイだったので写真を御紹介します。

昨日の雨でちらほらと散り始めています。

桜の香りはライラックに比べると、ずっと”かすかな”部類に入りますがこれは奥ゆかしい「日本の粋(いき)な心」とでもいうべきものでしょうね。

これからの日本はこういう独自の文化も継承しつつ、諸外国に対してはある程度、自己主張もしていかないといけない難しい時代になってきているかもしれません。

「桜の花」、英語では「チェリー・ブラッサム」です。松田聖子の歌にもありましたね。

桜が終わると、山にはツツジが咲き始めます。

そして五月の新緑の季節が到来します。

まとめ

必要に応じて、主張し過ぎない”香り”を臨機応変に発生するパソコンが世に出るにはもう少し時間が必要かもしれません。

「空飛ぶ車」くらいの技術力が要るかもしれませんしね。

四月も早(はや)、三分の一が終わろうとしています。

五月病を吹き飛ばしながら、そして日本の悪いところを吹き飛ばしながら、気持ちの良い「令和元年」を迎えようではありませんか!

終わり

スポンサーリンク














スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください