登記識別情報(番号・記号)を見てみた!

登記識別情報の目隠し部分

昨日の記事「決済が完了しました!」で書きましたとおり、所有権が移転したので、無効になった登記識別情報。

先日の記事「登記識別情報とは?」の最後のほうの画像(=本記事の冒頭画像)、司法書士事務所の職員が貼ったシールでの目隠し部分がどのような記述になっているのか、見てみましょう。

スポンサーリンク

恐る恐る剥がしてみると・・・

剥がしにくいですが、ピンセットを使うとなんとかいけます。

いよいよ、めくりますよ!いいですか~!!

・・・

・・・

ジャーーーン!!!

無効のハズなのですが、念のため、一部を隠します。

数字とアルファベットが、ランダムに12個並んでいます。

アルファベットは、すべて大文字のようです。

三つずつ、ハイフン(?)で仕切られて、四つにブロック分けされています。

右端には、いちいち手で打ち込まなくても良いように、ということでしょうか、QRコードもあります。

今回の売買取引対象物件は、土地一筆(いっぴつ)、建物二棟だったので識別情報は計三枚あります。

三枚とも開けてみましたが、本当にランダムです。当たり前ですね(笑)。

まとめ

今日は短い記事ですが、”普段、なかなか目にすることがないモノを披露した”ということで、お許しください。

終わり

スポンサーリンク














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください