ブログ記事の原稿・消失リスクを回避する方法

消失することがある

毎日、他のブロガーさんの記事を拝読している中で、ちょくちょく見かけるのが、「ブログ記事を書いている途中で原稿が突如消えてしまい、書く気が失(う)せてしまった!!」というものです。

実は、私も一度、経験しました。

ワードプレス上で直接、原稿を打ち込んだ記事は、今までに二つしかないのですが、そのうちの一回でそれは起こりました。

直接打ち込みでもできるかなと思って試したのですが、消えてしまった一件以来、直接打ち込みは絶対にしないと誓いました。

ワープロで打つより、変換作業などが遅いですし、消失リスクもあるので、私は下記の方法で記事を投稿しています。

スポンサーリンク

マイクロソフト・ワードで下書きする

普通に”ワード”で、ワープロを打つように原稿を書きます。

マイクロソフト・エクセルで作った表、JPG(ジェーペグ)形式などの画像や、イラストも自由に挿入できます。

また、ワードのバージョンによっては、左下に文字数カウンターが表示されているので、「1500文字打つには、あと○○文字くらいだな」とかわかるのも有り難いです。

下書きをワードプレスに移す

原稿が出来て、見直し(一回目の校正)および修正が済んだら、ブログサイト(ワードプレス)に移します。

ワードの「ファイル→共有→ブログに投稿」と進み、右側にある四角ボタン「ブログに投稿」をクリックします。

※初めての方は、ブログのアカウント登録を求められるので登録します。二回目以降は不要。

下の画面が立ち上がります。

一番上の、【ここに投稿タイトルを入力してください】の欄をクリックして、タイトルを入力します。ちなみに、私は原稿ファイルにタイトルを付けているので、エクスプローラで右クリックして”名前の変更→右クリック→コピー“で貼り付けます。

また、タイトル(=原稿ファイル名)はあらかじめ、キーワード検索などで競合の少ない言葉を選んで付けています。つまり、ブログ記事を書くための最初の作業は、「キーワード検索ソフトを立ち上げること」です。

左上の「発行」をクリック→プルダウンメニューから”下書きとして発行”をクリック、これでワードプレスのダッシュボード内の”投稿一覧”に原稿が移っています。

ワードにも原稿は残っていますので、万一、ワードプレスでの操作ミス等でおかしなことになっても、一から書き直す必要はありません。

あとは、ワードプレスの編集操作で、アイキャッチ画像を挿入したり、もう一度校正したりして、投稿する準備が出来たら、投稿します。

まとめ

マイクロソフト・ワードを使う利点は下記です。

・ワードプレス上での操作ミスにより、せっかく書き上げた力作の原稿を消失しても、元の下書きが残っているので、新たに一から原稿を作り直すことはない

・左下に文字数カウンターが表示されるので、今、何文字打っているかが常時わかる(ワードのバージョンによっては無い)

・「自動校正機能」が充実している(”校閲”タグをクリック→左端の”スペルチェックと文章校正”をクリックすることで、おかしなところがあれば右側に表示される

・エクセルの表や画像などを簡単に挿入できる

記事にすると操作が煩雑に感じるかもしれませんが、二、三回やれば慣れますし、原稿消失によるショックを防ぐことができるメリットは大きいと思います。

直接打ち込みで原稿を書いているブロガーのみなさん、ぜひ試してみてくださいね!

※注意:マイクロソフト・ワードのバージョンによっては、本記事内の機能を備えていない場合があります。ご了承ください。なお、私が使っているワードのバージョンは「2013」です。

関連記事「ブログ・サイトの作り方」、「ブログ・サイトの作り方(その二)

終わり

スポンサーリンク














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください