シリーズ五作目(最終巻)が発売されました!

「逆転投資シリーズ」第五作目、発売!

おかげさまで、四作目まで予想を上回る好調な売れ行きで感謝・感激しております!

本5作目は「特別編」と題しまして、私の不動産賃貸事業とプライベートでのノウハウやエピソードの記事の中で選(よ)りすぐりを15個、盛り込んでおります。

また「特別編」ということで、「100冊限定」販売となっております!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

不動産賃貸事業は「人生の縮図」

私が不動産投資を始めてからまだ三年しか経っていないのに、紙ではない「電子書籍」とはいえ”5巻の本になるくらいの経験をしてきた”ということです。

この三年の間に、たくさんの「喜怒哀楽」がありました。これからもあるでしょう。まさに「人生の縮図」と言えると思います。

複数の物件が買えて、すべてが満室経営になって、管理会社さんに任せていれば、ハッキリ言って「大家業はヒマ」です。

ところが、ある日突然3~4部屋空室になる旨の知らせが入ったり、トラブルの対処の相談が管理会社からあったりした日には急に忙しくなります。

その他にも「検討、判断、決断、実行」の連続で、正直ウンザリすることもあります。

これらの煩(わずら)わしいコトを「イヤ」と思うか「おもしろい」と思うかで、不動産投資(=不動産賃貸事業の経営)に「向いている」か「向いていない」かに別れると思います。

スポンサーリンク

他の「不動産投資本」と一線を画(かく)する本

昨年までの「不動産投資ブーム」でここ数年のうちに何百冊という不動産投資に関する本が発刊されました。

それぞれの本に特色があるわけですが、私はもし本を出すことができるなら小難しい本にはしたくないと思っていました。ブログ記事も同様の考えで書いています。

数値データを駆使して理路整然とまとめられた本はいくらでもあります。

どちらかと言えば、理論よりも実践派である私は「現場感覚」や「皮膚感覚」という言葉が好きなので、リアルに感じた体験を誰にでもわかりやすく伝わるように書いているつもりです。

そして、そのような考えで四カ月書いてきたブログ記事を表紙(図案や文言)から考え、売り出し方までじっくりと考えて製作・編集してくださった井上昂太氏には大変、感謝しております。

ちなみに今回、出版してくださった井上昂太氏の会社はこちらです。

wayway(ウエイ・ウエイ)合同会社

スポンサーリンク

続シリーズがあるかも?!

まだわかりませんが、今シリーズの反響がこのまま良ければ、次のシリーズ発刊もあり得るかもしれません。少しだけ期待しておいてくださいね!

それでは、またブログ・サイトでお会いしましょう!

スポンサーリンク














スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください